いさ進一公式ブログ 衆議院議員 党国会対策副委員長 党青年委員会副委員長 党大阪府本部副代表 衆議院小選挙区大阪第6総支部長

コロナ禍 公明、現場の声聴く

コロナ禍 公明、現場の声聴く

公明党は6日、新型コロナウイルス感染拡大の影響を調査し、トラック輸送や医療、観光、農業などの各関係者から現場の声を聴いた。

【大阪】伊佐進一衆院議員は、NPO法人「子育て支援寺子屋ぴあ」(藤川智恵美理事長)が大阪府門真市で運営する、児童発達支援・放課後等デイサービス事業所を訪れ、実情を聴いた。

藤川理事長は、普段から療育として行う子どもたちへのマスク着用の徹底が生かされた経験を紹介。

また、感染予防に関する注意事項を文字や絵で掲示する対策の重要性を指摘した。その上で、「障がいがある子どもは対人の変化に弱い。学校の支援学級の教員が短い期間で代わったケースもあり、継続的な教員の配置が望まれる」と訴えた。

伊佐氏は、教員のサポート人員や業務の見直しなどで「学校全体の体制を強化し、福祉との連携を一層後押ししていく」と述べた。

(公明新聞 2020年07月07日 より引用)

関連記事

アーカイブ