いさ進一公式ブログ 衆議院議員 党国会対策副委員長 党青年委員会副委員長 党大阪府本部副代表 衆議院小選挙区大阪第6総支部長

アフリカとの宇宙協力への思い

2015.11.18

衆院選出馬の為に文科省を退職する直前、最後の仕事の一つがアフリカとの科学技術協力でした。飛行機を乗り継いで二日間かけてコンゴ民主共和国の首都キンシャサへ。日本の人工衛星技術の売り込みにいきました。しかし、単なるビジネスで終わらせるのではなく…

詳細を見る

日中の文化交流を強化(公明新聞2015年11月5日付)

日米議員交流プログラムに参加して

2015.10.23

 9月28日から10月3日まで超党派による訪米団として、日本国際交流センター(JCIE)主催の「日米議員交流プログラム」に参加しました。日本の外交・安全保障は「抑止力」として行う法整備とともに、「対話外交」が両輪となります。通常国会閉幕後、…

詳細を見る

良書との出会い⑨ 『戦争広告代理店 情報操作とボスニア戦争』

ドキュメント『戦争広告代理店 情報操作とボスニア戦争』  高木徹 著私の文科省時代の超優秀な後輩が、惜しまれつつも役所をやめたあと、PR会社を立ち上げました。先日、その後輩が私を訪ねてくれたので、懐かしくお互いに近況を語りあいました。PR会…

詳細を見る

「みんな違ってみんな良い」 発達障害研究の現場から

2015.09.11

発達障害を、科学的にとらえる研究をされている、大阪大学大学院の片山泰一教授から、お話を伺いました。「発達障害」とは、自閉症、多動、学習障害など、さまざまな母集団の総称ですが、足が悪いとか、目が見えないとかといった、「機能障害」とは大きく異な…

詳細を見る

70年後の「硫黄島」に

2015.09.09

 東京から南へ1200キロ、太平洋戦争で最も熾烈な戦いが繰り広げられた「硫黄島」。戦後70年の節目の本年、衆議院厚労委員会として、現地を視察。戦地に亡くなられた方々の「遺骨収集作業」のため、法律案起草を目指しています。 悪天候の中、自衛隊の…

詳細を見る

若者雇用、支援強化せよ(公明新聞2015年9月6日付)

ロボット革命が開く未来

2015.09.06

「ロボット革命元年」の今年、一般向けのパーソナル・ロボットの発売や、ロボットホテルの開業など、日常生活の中でロボットを目にする機会が増えてきた。政府はロボット新戦略を策定し、ロボット活用社会の推進をめざしている。そこで、テレビ番組で人気の「…

詳細を見る

対談「ロボット革命が開く未来」(公明新聞2015年9月6日付)

年金情報流出問題について厚労省に提言(公明新聞2015年8月27日付)

日本の科学技術の祭典「イノベーション・ジャパン2015」

2015.08.27

「イノベーション・ジャパン2015」は、コミケに次ぐ(?!)、東京ビッグサイトの大きなイベントです。日本の大学や、ベンチャー企業が、その研究成果を所狭しと展示して、さらなる産学連携につなげていく場となっていて、大賑わいでした。中国からも、た…

詳細を見る

良書との出会い⑧『扉はふたたび開かれる 検証 日中友好と創価学会』 時事通信出版局編

われわれ国会議員が中国を訪問し、中国政府の幹部と懇談する際に、決まって言われることがあります。それは、「中国は、井戸を掘った人の事は忘れない。創価学会の池田大作名誉会長にくれぐれも宜しくお伝えください。」という言葉です。しかも、公明党の訪中…

詳細を見る

「戦後70年談話」を前に

2015.08.12

 もうすぐ発表されるであろう「戦後70年談話」に関し、それに先立って、有識者からなる「21世紀構想懇談会」の報告書を、詳細に読み返しました。いくつか異論はあるものの、非常によくできた報告書だと思いました。  まずは、日本が先の大戦に至る過…

詳細を見る

良書との出会い⑦ 『従属国家論 日米戦後史の欺瞞』 佐伯啓思

『従属国家論 日米戦後史の欺瞞』 佐伯啓思 著  賛成できないところも、多々あります。しかし、日本の戦後の歩みを考えた時に、考えさせられる、インパクトある一冊でした。今年は戦後70年、この時期になると、とりわけ戦争と戦後の歴史が取り上…

詳細を見る

アベノミクスのこれから

2015.07.28

 アベノミクスが、これからどこに向かうのか。  自公政権の取り組みで、2年半前とは大きく状況は変わりました。GDPは、2007年度以来の500兆円台が視野に入ってきました。雇用も、有効求人倍率は23年ぶりの高水準、失業率は18年ぶりの低水…

詳細を見る

中国人留学生を花火大会に招待(公明新聞2015年7月22日付)

シリーズ 平和安全法制⑥「衆議院可決にあたって」

2015.07.16

 先ほどの衆議院本会議において、野党が退席する中、平和安全法制が可決されました。法案の衆院通過にあたり、感じていることを申し上げます。  今回、116時間を超える審議時間は、安保関連では日米安保条約に次ぐ長時間のものでした。しかも、で…

詳細を見る

安保法制シリーズ⑤ 「基準があいまい?」

2015.07.15

 今回の法案によって、日本が「武力を行使できる基準が、あいまいになっているんじゃないか。」と心配される方もいらっしゃいます。「基準があいまいだから、時の政府が勝手に解釈して、戦争を始めることができるんじゃないか」。こういう不安です。果たして…

詳細を見る

平和安全法制参考人質疑 小川参考人「憲法に反する部分ない」(公明新聞2015年7月2日付)

シリーズ 平和安全法制④ 「徴兵制になるの?」(専門レベル:中)

2015.06.24

 シリーズの第4弾となる今回は、「徴兵制」を取り上げたいと思います。 これまで書いていて、専門レベル「低」のテーマがなかなか出てこないのが心苦しくもあります。できるだけ分かり易く書こうともしているので、「専門レベル分け」って、あまり意味ない…

詳細を見る