いさ進一公式ブログ 衆議院議員 党国会対策副委員長 党青年委員会副委員長 党大阪府本部副代表 衆議院小選挙区大阪第6総支部長

スポーツを住民主体で(公明新聞より)

 

(公明新聞:2014年7月17日付より引用)

党青年政策ワーキングチーム
都内で地域クラブ訪問

公明党青年委員会の青年政策ワーキングチーム(WT、新妻秀規座長=参院議員)は16日、東京都中央区内で、総合型地域スポーツクラブ「中央区地域スポーツクラブ大江戸月島」の活動を視察した。新妻座長、伊佐進一、濱村進の両衆院議員らが参加した。

全国の自治体で設立が進む総合型地域スポーツクラブはスポーツ基本法に基づく事業。住民主体で運営し、身近な施設で気軽にスポーツなどを楽しむことが目的だ。中央区では同クラブが昨年発足し、今年3月現在で会員数630人、18種目36教室を開催している。

一行は、関係者から同クラブが地域コミュニティーづくりに役立っていることなどを聞いた。新妻氏は「住民のスポーツ習慣の向上も促している。各地で地域の実情に合ったクラブづくりを進めたい」と語った。

なお、一行は同日、東京都中野区を訪れ、同区が進める創業支援事業について意見交換した。

関連記事