いさ進一公式ブログ 衆議院議員 党国会対策副委員長 党青年委員会副委員長 党大阪府本部副代表 衆議院小選挙区大阪第6総支部長

「ギャンブル依存症」対策の構築に向けて

2017.01.21

 これまで、ほとんど国が進めてこなかった「ギャンブル依存症」対策。
 現場を見ようと、公明大阪府議団とともに「府立精神医療センター」を訪れました。同センターでは、各種依存症の治療や支援を行っており、「ギャンブル依存症」についても治療プログラムを始めたところでした。
 
 「ギャンブル依存症」は、一つの病気であり、適切な治療で回復することは十分に可能とのこと。でも、病気という認識が無く、なかなか治療に結びつかない現状があります。
  府が開設している相談窓口には、アルコール依存や薬物依存、買い物依存など、様々な依存症の方が連絡してこられますが、近年「ギャンブル依存症」の相談件数が急増しているとのこと。平成26年度には3件だったものが、27年度には37件、28年度には60件となりました。

  「ギャンブル依存症」については、現場でもまだまだ対策が始まったばかり。国の支援も十分ではありません。私は、パチンコやスロットが駅前にたくさんある日本で、敷居の高いIRが2、3か所出来たからといって「依存症」が増えるとは思っていません。むしろ、IRの議論を通じて、国も「依存症対策」に本腰を入れるべきだと思っています。
  今後も、多くの方々からお声を頂きながら、実行力ある「ギャンブル依存症」対策の構築に向けて頑張って参ります。

 

関連記事