いさ進一公式ブログ 衆議院議員 党国会対策副委員長 党青年委員会副委員長 党大阪府本部副代表 衆議院小選挙区大阪第6総支部長

「現場の声聞く即戦力の人材」に期待―11/18時局講演会から

11月18日(日)、中之島の大阪市中央公会堂で公明党時局講演会を開催しました。

当日はいさ進一と高木陽介党選挙対策委員長、大島理森自民党前副総裁が応援に駆け付け演説。

また地元から多くの方にご参加いただきました!

s-2012-11-18-14-13-041-150x150大島理森氏は、野党時代からつづく民主党の権力体質、政権交代後は迷走をつづけてきた責任について厳しく指摘。3・11東日本大震災の折には、災害復旧の経験がない民主党に対し、自民党と公明党が協力して、阪神淡路大震災での経験を生かし、復旧に向け努力をしてきたことを紹介しました。
また、今必要なことは
①経済復興
②外交問題の解決
③政治機能を回復させること
―と列挙した上で、「日本の政治を前に進めるために、自民党も力一杯応援していく」と明言しました。

s-2012-11-18-14-28-47-e1353572917453-150x150つづいてあいさつに立った高木陽介氏は、党選挙対策委員長として、いさ進一は「新人だが、即戦力の人材」と強調。党が掲げる「防災・減災ニューディール」については、その必要性と確かな経済効果を解説しました。また今回の選挙では、TPPや原発などさまざまな争点が語られているが、問われるのは
①政権担当能力があるか
②景気・経済対策ができるか③国民の声を政治に反映できるか
―であるとした上でこれまでの経験、具体的な政策、そして全国3000名の議員ネットワークをもつ公明党が大勝利していくと決意を語り、最後に「現場の声が聞ける人材」への支援を訴えました。

関連記事