いさ進一公式ブログ 衆議院議員 党国会対策副委員長 党青年委員会副委員長 党大阪府本部副代表 衆議院小選挙区大阪第6総支部長

アーカイブ:2013年 11月

造血幹細胞移植 着実な実施へ(公明新聞より)

(公明新聞:2013年11月27日付より引用)拠点病院など準備状況聞く 党プロジェクトチーム公明党造血幹細胞移植推進プロジェクトチーム(PT、山本香苗座長=参院議員)は26日、参院議員会館で会合を開き、厚生労働省から、来年1月1日の造血幹細…

詳細を見る

ドイツと、「脱原発」の歴史

2013.11.17

脱原発に舵を切るべきか否か、これはドイツにおいては30年以上にわたって議論が積み重ねられてきました。1986年、チェルノブイリ原発事故を機に、反原発の運動がさかんになりました。そして当時のシュレダー政権(社会民主党(SPD)と「緑の党」の連…

詳細を見る

化石燃料からの卒業

2013.11.16

石油や石炭といった化石燃料を掘れば掘るほど、二酸化炭素排出量が増えて、地球環境が悪化する。それは広く認識されています。しかし、経済発展重視の国であれば、地球の環境にまで気に留める余裕はないかもしれません。それでは、化石燃料を掘れば掘るほど、…

詳細を見る

「再生可能エネルギー」普及のために

2013.11.15

2020年に原発をゼロにするというドイツの取り組みの中で、そのカギを握るのは、「再生可能エネルギー」の開発・普及です。その一つの取り組みが、2000年の「再生可能エネルギー法」で開始された「Feed-in tariff」(Fit)、日本では…

詳細を見る

脱原発に必要なもの

2013.11.14

脱原発への道のりにおいて、持続可能に社会が発展していくためには、必要なことは3つあります。一つは、社会全体が必要とするエネルギーを減らすことです。たとえば、家庭や企業における節電、あるいは燃費の良い自動車の開発や、エネルギー効率のよい工場の…

詳細を見る

立体交差事業の促進を要請(公明新聞より)

(公明新聞:2013年11月7日付より引用)寝屋川市長らが太田国交相に (写真)太田大臣に要望する寝屋川市長と公明党議員団太田昭宏国土交通相(公明党)は6日、国交省で大阪府寝屋川市の馬場好弘市長らと会い、京阪本線の立体交差事業の早期認可など…

詳細を見る

憎悪表現(ヘイトスピーチ)への対応(公明新聞より)

(公明新聞:2013年11月6日付より引用)異文化尊敬を出発点に サイモン・ウィーゼンタール・センター クーパー副所長と懇談公明党の遠山清彦国際局長(衆院議員)らは5日、衆院第1議員会館で、世界的なユダヤ系人権擁護団体「サイモン・ウィーゼ…

詳細を見る