いさ進一公式ブログ 衆議院議員 党国会対策副委員長 党青年委員会副委員長 党大阪府本部副代表 衆議院小選挙区大阪第6総支部長

カテゴリー:メッセージ

「水道法」の意義と、批判への反論

はじめに  先日、今年の漢字一文字が発表されました。「災」。たしかに本年は災害続きで、私の地元大阪でも、7月豪雨に続いて、大阪北部地震、台風21号など災害が相次ぎ、私自身も被災者の一人となりました。  そんな中、災害による生活インフラの…

詳細を見る

沖縄と、「伊佐」

2018.08.16

私の「伊佐」という姓は、もともとは沖縄の名護にルーツがあります。私の祖父が戦争中、日本海軍の船乗りとして戦地におもむき、戦後を迎えました。しかし沖縄が米軍施政下となったため、故郷には戻らず尼崎に新たに居を構えました。そのまま沖縄に戻ることな…

詳細を見る

「働き方改革」で何が起こるか

 今国会は、「働き方改革」国会と呼ばれています。戦後、「労働基準法」ができてから70年来の、大改革となりますが、そのための法案は現在、参議院で審議をされています。  はたして今回の改革で、私たちの働き方がどう変わるのか、私たちの生活がどう…

詳細を見る

学校の軍事利用抑止へ

 たとえ武力紛争下でも、開校されている「学校」は、軍事目的で使用しない。  この「学校保護宣言」およびガイドライン、G7で支持していない国は米国と日本のみです。日本政府の支持を検討する会合を、公明党青年局で開催しました。  開校してい…

詳細を見る

働き方改革法案【ギモンにズバッと一問一答 2018】

「働き方改革法案」 いったい我々の働き方や生活の何が変わるのか、できるだけわかりやすく動画をまとめました。 2分×3回シリーズです。 ●第6回のテーマ:働き方改革(3回シリーズ) ・働き方改革(No.1:何が変わる…

詳細を見る

「科学技術大国」中国に

2017.06.14

先週、閣議決定された政府の「未来投資戦略2017」でも、「経済財政運営と改革の基本方針2017」(いわゆる「骨太の方針」)でも、科学技術が大きな柱の一つになっています。科学技術庁勤務時代からイノベーション政策に携わり、現在、党の科学技術委員…

詳細を見る

米軍基地の「抑止力」と、沖縄の痛み

2017.05.15

1.本土復帰45周年  本日で、沖縄が本土に復帰してから45年となりました。45年経った今でも沖縄は、安全保障の議論の焦点の一つとなっています。 私が事務局長をしている「在沖縄米軍基地調査ワーキングチーム」は、昨年より1年間にわたって検…

詳細を見る

「テロ等準備罪」法案への誤解に対する反論

 「テロ等準備罪」について、なぜ必要か、どういった法案なのかについて、国会で地に足をつけて議論する必要があると思います。しかし残念ながら、野党の質問や、一部メディアの報道を見ていると、「日本はこれから監視社会になる」とか、あるいは「戦前の治…

詳細を見る

IR法案に賛成した理由について

 IR法案について、私は賛成をいたしました。その理由について以下、申し上げたいと思います。 まず、公明党が「自主投票」になりました。「党議拘束」をかけず、各議員が判断せよ、となりました。 これまで、党内でいろんな議論があっても、組織として決…

詳細を見る

私たちの年金の運用って、どうなっているの?

「私たちの大事な年金を、政府が株に投資して、5兆円も損を出したって聞いたけど、大丈夫?」。最近、こんな心配の声を頂くことがあります。 党内の「年金制度調査会」では、年金についての様々な議論を行っておりますが、どうも一部メディアや野党の主張を…

詳細を見る

久米島の取り組み

 沖縄県久米島は、本島の那覇市から西方に約100㎞、人口8,300人の小さな島です。2040年には「消滅可能性」があると色分けされたこの島で、地方創生のモデルケースを見ました。  産業や雇用のカギとして取り組みを進めているのが、「海洋深層…

詳細を見る

鉄と競争力と地球温暖化

2016.05.17

 若手議員で、早朝に勉強会を開催しています。今回は、「地球温暖化」について。 日本は、長期的目標として2050年までに80%の温室効果ガスを削減するとしています。 そのためには、「運輸」分野ではガソリン車やディーゼル車を電気自動車に、「業務…

詳細を見る

東日本大震災から5年に寄せて

2016.03.11

 「がんばろう、東北!」「頑張ろう、日本!」との声をかけあいながら、復旧・復興に向き合ってきた5年間。でも、頑張ってきた被災者の皆様にとって、頑張らざるを得なかった皆様にとって、さらに「頑張ろう」と投げかけられる言葉は、ときに心を引き裂くよ…

詳細を見る

母国と日本との架け橋に

2016.03.10

 「戦後、中国に残されて苦労を重ね、ようやく帰国された残留孤児の子供たち。フィリピンなどから移住したシングルマザーの子供たち。ブラジルからの「出稼ぎ」の子供たち。こうした、外国にルーツをもつ子どもたちは、「私は何人(なにじん)?」という問い…

詳細を見る

子どもホスピス

2016.02.29

 日本でも初めてと言われる、寄付による「子どもホスピス」が、地元鶴見区で開所されます。完成披露の前に訪れて、いろいろとお話を聞かせて頂きました。  小児がんや難病の子供たちの多くは、病状が一定程度「停滞」すると、病院から退院させられてしまい…

詳細を見る

油井亀美也・宇宙飛行士を迎えて

2016.02.26

142日の宇宙滞在を終えた油井亀美也・宇宙飛行士を迎え、党宇宙委員会を開催。貴重なお話を頂きました。ミッションのマークは、お名前から取った「亀」のマーク。油井さんいわく、「亀のように、ゆっくりだけど頑張り続ける日本人の良さが、宇宙分野でも大…

詳細を見る

日中民間外交

2016.01.25

 新大阪駅前のある居酒屋が、日中民間外交のハブになっています。お店をきりもりする名もなき一婦人の、日中友好にかける熱い思いからスタート。今や、大連市の遼寧師範大学や大連芸術学院、天津市の南開大学などの学術界との交流、あるいは世界的トランぺッ…

詳細を見る

軽減税率合意。いよいよ気を引き締めて!

2015.12.15

 12月12日に、自公両党の幹事長が、軽減税率制度の大枠について合意いたしました。明日の与党税制調査会で、いよいよ税制大綱がまとまる気配となりました。 思えば、私の最初の選挙の時に党として前面に掲げた公約が「軽減税率の導入」でした。経済界や…

詳細を見る

東方新報に掲載していただきました!

2015.12.15

日本で発行される中国語新聞では最大部数を誇る「東方新報」。在日華僑向けで発行部数は8万部。この新聞に「公明党議員伊佐進一氏への独占インタビュー『安保法案は戦争法案にあらず』」との見出しで、なんと私の誕生日に(たまたまですが)思いの他でかでか…

詳細を見る

東海道、実は・・・

2015.11.23

東海道は、何次あるかご存知ですか?広重の53次があまりにも有名で、ほとんどの人が江戸から京都までの「東海道53次」と思っています。しかし、実際は「大坂」までの57次なんです!宿場町では「人馬継立」といって、馬を乗り換え、人足を交代させる決ま…

詳細を見る