いさ進一公式ブログ 衆議院議員 党国会対策副委員長 党青年委員会副委員長 党大阪府本部副代表 衆議院小選挙区大阪第6総支部長

カテゴリー:メッセージ

いま必要な、企業への資金繰り支援について

いま必要な、企業への資金繰り支援について ~二次補正予算に向けた議論~  現 状  企業支援については、「持続化給付金」の100万円、200万円の支援のほか、日本政策金融公庫や民間金融機関を通じた「融資」がメインとなっています。  …

詳細を見る

検察庁法改正案はクロかシロか

 検察庁法案改正が、ネット上やメディアで大きく取り上げられています。  「政権に忖度する検察官を、定年制度をゆがめてまで検事総長にしようとしている。」「三権分立の破壊だ。」  これに対し、私の方にも「公明党は、一体どう考えているのか」と…

詳細を見る

<GW特別企画>「今こそ知りたい! 退学を考える前に 学生支援策いろいろ」

<GW特別企画>「今こそ知りたい! 一律10万円給付 申請には何が必要?」

中東への自衛隊派遣について ~公明党は、本当に歯止めになっているのか~

 本年の仕事納めの12月27日、政府は中東地域に海上自衛隊を派遣することを閣議決定いたしました。  報道やネット上の反応を見ると、「そんなに危ないところに、日本の自衛隊を出して大丈夫なのか」、「自身を守れるような装備をしっかりさせるべきじ…

詳細を見る

なぜ公明党は「寡婦控除」にこだわったのか ~未婚のひとり親支援~

 与党は国会が閉会した後、年末まで様々な仕事があります。ひとつは、来年度予算の最終的な詰めの作業。そしてもう一つが、税制の改正です。  今年の税制で、最後までもつれにもつれたのが、「寡婦(寡夫)控除」(以下、同じ)の取扱いでした。実は、昨…

詳細を見る

第200回国会って何だったのか。 ~その成果と反省~

12月9日、第200回国会が幕を閉じました。いまの国会では、会期の最終盤では、野党から内閣不信任案や解任決議が提出され、その演説が延々と続き、夜なべをするのが通例となってしまっています。今回は、野党の皆さんのいろんな思惑(?)があって、こう…

詳細を見る

「水道法」の意義と、批判への反論

はじめに  先日、今年の漢字一文字が発表されました。「災」。たしかに本年は災害続きで、私の地元大阪でも、7月豪雨に続いて、大阪北部地震、台風21号など災害が相次ぎ、私自身も被災者の一人となりました。  そんな中、災害による生活インフラの…

詳細を見る

沖縄と、「伊佐」

2018.08.16

私の「伊佐」という姓は、もともとは沖縄の名護にルーツがあります。私の祖父が戦争中、日本海軍の船乗りとして戦地におもむき、戦後を迎えました。しかし沖縄が米軍施政下となったため、故郷には戻らず尼崎に新たに居を構えました。そのまま沖縄に戻ることな…

詳細を見る

「働き方改革」で何が起こるか

 今国会は、「働き方改革」国会と呼ばれています。戦後、「労働基準法」ができてから70年来の、大改革となりますが、そのための法案は現在、参議院で審議をされています。  はたして今回の改革で、私たちの働き方がどう変わるのか、私たちの生活がどう…

詳細を見る

学校の軍事利用抑止へ

 たとえ武力紛争下でも、開校されている「学校」は、軍事目的で使用しない。  この「学校保護宣言」およびガイドライン、G7で支持していない国は米国と日本のみです。日本政府の支持を検討する会合を、公明党青年局で開催しました。  開校してい…

詳細を見る

働き方改革法案【ギモンにズバッと一問一答 2018】

「働き方改革法案」 いったい我々の働き方や生活の何が変わるのか、できるだけわかりやすく動画をまとめました。 2分×3回シリーズです。 ●第6回のテーマ:働き方改革(3回シリーズ) ・働き方改革(No.1:何が変わる…

詳細を見る

「科学技術大国」中国に

2017.06.14

先週、閣議決定された政府の「未来投資戦略2017」でも、「経済財政運営と改革の基本方針2017」(いわゆる「骨太の方針」)でも、科学技術が大きな柱の一つになっています。科学技術庁勤務時代からイノベーション政策に携わり、現在、党の科学技術委員…

詳細を見る

米軍基地の「抑止力」と、沖縄の痛み

2017.05.15

1.本土復帰45周年  本日で、沖縄が本土に復帰してから45年となりました。45年経った今でも沖縄は、安全保障の議論の焦点の一つとなっています。 私が事務局長をしている「在沖縄米軍基地調査ワーキングチーム」は、昨年より1年間にわたって検…

詳細を見る

「テロ等準備罪」法案への誤解に対する反論

 「テロ等準備罪」について、なぜ必要か、どういった法案なのかについて、国会で地に足をつけて議論する必要があると思います。しかし残念ながら、野党の質問や、一部メディアの報道を見ていると、「日本はこれから監視社会になる」とか、あるいは「戦前の治…

詳細を見る

IR法案に賛成した理由について

 IR法案について、私は賛成をいたしました。その理由について以下、申し上げたいと思います。 まず、公明党が「自主投票」になりました。「党議拘束」をかけず、各議員が判断せよ、となりました。 これまで、党内でいろんな議論があっても、組織として決…

詳細を見る

私たちの年金の運用って、どうなっているの?

「私たちの大事な年金を、政府が株に投資して、5兆円も損を出したって聞いたけど、大丈夫?」。最近、こんな心配の声を頂くことがあります。 党内の「年金制度調査会」では、年金についての様々な議論を行っておりますが、どうも一部メディアや野党の主張を…

詳細を見る

久米島の取り組み

 沖縄県久米島は、本島の那覇市から西方に約100㎞、人口8,300人の小さな島です。2040年には「消滅可能性」があると色分けされたこの島で、地方創生のモデルケースを見ました。  産業や雇用のカギとして取り組みを進めているのが、「海洋深層…

詳細を見る

鉄と競争力と地球温暖化

2016.05.17

 若手議員で、早朝に勉強会を開催しています。今回は、「地球温暖化」について。 日本は、長期的目標として2050年までに80%の温室効果ガスを削減するとしています。 そのためには、「運輸」分野ではガソリン車やディーゼル車を電気自動車に、「業務…

詳細を見る

東日本大震災から5年に寄せて

2016.03.11

 「がんばろう、東北!」「頑張ろう、日本!」との声をかけあいながら、復旧・復興に向き合ってきた5年間。でも、頑張ってきた被災者の皆様にとって、頑張らざるを得なかった皆様にとって、さらに「頑張ろう」と投げかけられる言葉は、ときに心を引き裂くよ…

詳細を見る

アーカイブ