いさ進一公式ブログ 衆議院議員 党国会対策副委員長 党青年委員会副委員長 党大阪府本部副代表 衆議院小選挙区大阪第6総支部長

カテゴリー:メッセージ

「特定秘密保護法案」の審議に思う ③

2013.12.07

3.法案審議は「強引」だったのかさて、では「特定秘密保護法案」の審議は、強引で、拙速で、自公政権の「傲慢さ」の表れだったんでしょうか。それは、まったく違います。私が「国会対策委員会」の委員として、目の前で見てきた各党との審議の過程、舞台裏に…

詳細を見る

「特定秘密保護法案」の審議に思う ②

2013.12.07

2.「知る権利」は守られるのか 一方で、基本的人権にかかわる、妥協できない大事な観点があります。それは、①国民の「知る権利」を徹底して守ることであり、またそのための「報道の自由」を守ることです。そしてまた、②政府が、国民に知られると都合の悪…

詳細を見る

「特定秘密保護法案」の審議に思う ①

2013.12.07

昨夜(12月6日)遅く、「特定秘密保護法」が参議院で可決され、法案は成立しました。これまで私のところにも、多くの方々から心配の声、懸念の声を頂いて参りました。「戦時中の治安維持法の復活じゃないか。」「日本は、いつか来た道に戻るのか」「公明党…

詳細を見る

ドイツと、「脱原発」の歴史

2013.11.17

脱原発に舵を切るべきか否か、これはドイツにおいては30年以上にわたって議論が積み重ねられてきました。1986年、チェルノブイリ原発事故を機に、反原発の運動がさかんになりました。そして当時のシュレダー政権(社会民主党(SPD)と「緑の党」の連…

詳細を見る

化石燃料からの卒業

2013.11.16

石油や石炭といった化石燃料を掘れば掘るほど、二酸化炭素排出量が増えて、地球環境が悪化する。それは広く認識されています。しかし、経済発展重視の国であれば、地球の環境にまで気に留める余裕はないかもしれません。それでは、化石燃料を掘れば掘るほど、…

詳細を見る

「再生可能エネルギー」普及のために

2013.11.15

2020年に原発をゼロにするというドイツの取り組みの中で、そのカギを握るのは、「再生可能エネルギー」の開発・普及です。その一つの取り組みが、2000年の「再生可能エネルギー法」で開始された「Feed-in tariff」(Fit)、日本では…

詳細を見る

脱原発に必要なもの

2013.11.14

脱原発への道のりにおいて、持続可能に社会が発展していくためには、必要なことは3つあります。一つは、社会全体が必要とするエネルギーを減らすことです。たとえば、家庭や企業における節電、あるいは燃費の良い自動車の開発や、エネルギー効率のよい工場の…

詳細を見る

教育と民主主義

2013.10.30

国の力の源泉が「人材」にあるとするなら、「教育」ほど大事な事業もないでしょう。教育改革の方向性について、元中央教育審議会副会長の梶田叡一先生に、お話を伺いました。現行の教育制度は、長い長い議論の積み重ねの末にできた制度です。それはつまり、教…

詳細を見る

大阪マラソン2013

2013.10.27

 大阪マラソン、無事に終わりました。結果は、ネットタイムで4時間44分30秒、完走できました!途中、足首の不調、ひざの違和感など、数々のトラブルにあいましたが、「負けじ魂」で、走りつづけました。ゴール間際、一歩一歩足を進めていると、涙が止ま…

詳細を見る

歴史的な検証に耐えうる政治へ

2013.10.18

「特定秘密保護法案」の修正案について、公明党プロジェクトチームで今朝議論を行い、了承いたしました。海外から見て、日本が情報管理の悪い、情報を信頼して共有できない国となってしまっている現状は、改善しなければいけません。しかし同時に、国民の基本…

詳細を見る