いさ進一公式ブログ 衆議院議員 党国会対策副委員長 党青年委員会副委員長 党大阪府本部副代表 衆議院小選挙区大阪第6総支部長

カテゴリー:メッセージ

「特定秘密保護法案」の審議に思う ②

2013.12.07

2.「知る権利」は守られるのか 一方で、基本的人権にかかわる、妥協できない大事な観点があります。それは、①国民の「知る権利」を徹底して守ることであり、またそのための「報道の自由」を守ることです。そしてまた、②政府が、国民に知られると都合の悪…

詳細を見る

「特定秘密保護法案」の審議に思う ①

2013.12.07

昨夜(12月6日)遅く、「特定秘密保護法」が参議院で可決され、法案は成立しました。これまで私のところにも、多くの方々から心配の声、懸念の声を頂いて参りました。「戦時中の治安維持法の復活じゃないか。」「日本は、いつか来た道に戻るのか」「公明党…

詳細を見る

ドイツと、「脱原発」の歴史

2013.11.17

脱原発に舵を切るべきか否か、これはドイツにおいては30年以上にわたって議論が積み重ねられてきました。1986年、チェルノブイリ原発事故を機に、反原発の運動がさかんになりました。そして当時のシュレダー政権(社会民主党(SPD)と「緑の党」の連…

詳細を見る

化石燃料からの卒業

2013.11.16

石油や石炭といった化石燃料を掘れば掘るほど、二酸化炭素排出量が増えて、地球環境が悪化する。それは広く認識されています。しかし、経済発展重視の国であれば、地球の環境にまで気に留める余裕はないかもしれません。それでは、化石燃料を掘れば掘るほど、…

詳細を見る

「再生可能エネルギー」普及のために

2013.11.15

2020年に原発をゼロにするというドイツの取り組みの中で、そのカギを握るのは、「再生可能エネルギー」の開発・普及です。その一つの取り組みが、2000年の「再生可能エネルギー法」で開始された「Feed-in tariff」(Fit)、日本では…

詳細を見る

脱原発に必要なもの

2013.11.14

脱原発への道のりにおいて、持続可能に社会が発展していくためには、必要なことは3つあります。一つは、社会全体が必要とするエネルギーを減らすことです。たとえば、家庭や企業における節電、あるいは燃費の良い自動車の開発や、エネルギー効率のよい工場の…

詳細を見る

教育と民主主義

2013.10.30

国の力の源泉が「人材」にあるとするなら、「教育」ほど大事な事業もないでしょう。教育改革の方向性について、元中央教育審議会副会長の梶田叡一先生に、お話を伺いました。現行の教育制度は、長い長い議論の積み重ねの末にできた制度です。それはつまり、教…

詳細を見る

大阪マラソン2013

2013.10.27

 大阪マラソン、無事に終わりました。結果は、ネットタイムで4時間44分30秒、完走できました!途中、足首の不調、ひざの違和感など、数々のトラブルにあいましたが、「負けじ魂」で、走りつづけました。ゴール間際、一歩一歩足を進めていると、涙が止ま…

詳細を見る

歴史的な検証に耐えうる政治へ

2013.10.18

「特定秘密保護法案」の修正案について、公明党プロジェクトチームで今朝議論を行い、了承いたしました。海外から見て、日本が情報管理の悪い、情報を信頼して共有できない国となってしまっている現状は、改善しなければいけません。しかし同時に、国民の基本…

詳細を見る

新しいエネルギーへの挑戦

2013.10.01

「地上に太陽を!」太陽が宇宙で輝く原理を地上で再現することによって、エネルギーを生み出そうという「核融合炉」の研究は、世界の科学技術を結集して取り組んでいるところです。この「核融合」は、海中に豊富に存在するトリチウムと重水素の燃料わずか「1…

詳細を見る

改革に必要なもの~「イノベーション」と「行政改革」~

2013.09.09

大阪市政100周年記念事業として、1987年に設立された「大阪バイオサイエンス研究所」を訪れました。現在の市政改革の中、予算が毎年25%削られており、あと1年半で閉鎖を余儀なくされるであろうとのこと。確かに、基礎研究を基礎自治体の仕事として…

詳細を見る

「小児がん」と闘う子供たち

2013.09.09

 「小児がん」は、1万人に1人の確立で発生する病気です。大人のがんと違うのは、当然ですが、喫煙や飲酒、不摂生といった生活習慣とは無関係。遺伝的要素が大きいとも言われており、子どもの死因上位3位の中に、常に入っています。それでも、以前は治らな…

詳細を見る

68回目の「終戦記念日」に思う

2013.08.17

中国から戻ってきて、昨日の大阪での活動のスタートは、68回目を迎えた「終戦記念日」の街頭演説でした。先の大戦で散ってしまった我々の大先輩の思い。それは、「戦争ほど、残酷なものはない。戦争ほど、悲惨なものは無い。」であったはずです。我々は、二…

詳細を見る

日本とトルコの友情

2013.07.28

トルコは、世界で最も親日国と言われています。日本とトルコの友好の歴史の淵源は、1890年にさかのぼります。和歌山県の紀伊大島沖で座礁したオスマントルコのエルトゥールル号を地元の住民たちが救助。非常食まで提供して、生存者を介抱したと言われてい…

詳細を見る

沖縄科学技術大学院大学を視察

2013.07.26

本当の国際的な大学とは何か。世界中の優秀な学生が集まってくる知の拠点たらんとして、昨年、第一期生を迎えて開学したのが、「沖縄科学技術大学院大学」です。夜に沖縄に到着して、次の日の昼過ぎには大阪に戻るという強行軍で、同大学を訪れました。エメラ…

詳細を見る

「安定」とは何か(与野党の攻防に思う)

2013.06.19

国対(国会対策委員会)とは、国会の運営の戦略を練るところ。ねじれ国会の中で、どの法案をどのタイミングで通すか、野党とどのように交渉していくか、毎朝集まって議論をしています。一年生議員は全員、国対のメンバーとして、国会における激しい攻防を肌で…

詳細を見る

がん教育 検討会設置を(公明新聞より)

2013.05.25

(公明新聞:2013年5月25日付より引用) がん教育 検討会設置を 文科相に対し党対策推進本部などが要望 公明党がん対策推進本部、文部科学部会、厚生労働部会は24日、文科省で下村博文文科相に対し、がん教育の在り方に関する要望…

詳細を見る

憲法96条の私の考え方

2013.05.03

96条の「憲法改正手続き」については、党内議論においても意見を言わせて頂きました。時代の変化、社会情勢の変化とともに、現行憲法では不十分なところ、修正が必要なところもあるでしょう。新しく加えるべきところは加え、変えるべきところは変える。これ…

詳細を見る

ご挨拶

2013.03.10

拝啓 昨年12月16日に行われました第46回衆議院議員総選挙において、11万6855票を頂き、初当選させて頂くことができました。これまで皆様からお寄せ頂いた心温まる激励、励まし、御恩を抱きしめながら、1つ1つの声をカタチにしていくとの決意で…

詳細を見る

いさ進一より皆様へ 公示前メッセージ

2012.12.03

いよいよ明日が衆議院議員選挙の公示となり、16日の投票日に向けた選挙戦に突入します。 その間私は、ブログやfacebook、twitterの更新ができません。 これが「勝負が決するまで」の最後のブログとなりますが、 いよいよの決戦に向…

詳細を見る

アーカイブ