いさ進一公式ブログ 衆議院議員 党国会対策副委員長 党青年委員会副委員長 党大阪府本部副代表 衆議院小選挙区大阪第6総支部長

カテゴリー:メッセージ

アベノミクスのこれから

2015.07.28

 アベノミクスが、これからどこに向かうのか。  自公政権の取り組みで、2年半前とは大きく状況は変わりました。GDPは、2007年度以来の500兆円台が視野に入ってきました。雇用も、有効求人倍率は23年ぶりの高水準、失業率は18年ぶりの低水…

詳細を見る

シリーズ 平和安全法制⑥「衆議院可決にあたって」

2015.07.16

 先ほどの衆議院本会議において、野党が退席する中、平和安全法制が可決されました。法案の衆院通過にあたり、感じていることを申し上げます。  今回、116時間を超える審議時間は、安保関連では日米安保条約に次ぐ長時間のものでした。しかも、で…

詳細を見る

安保法制シリーズ⑤ 「基準があいまい?」

2015.07.15

 今回の法案によって、日本が「武力を行使できる基準が、あいまいになっているんじゃないか。」と心配される方もいらっしゃいます。「基準があいまいだから、時の政府が勝手に解釈して、戦争を始めることができるんじゃないか」。こういう不安です。果たして…

詳細を見る

シリーズ 平和安全法制④ 「徴兵制になるの?」(専門レベル:中)

2015.06.24

 シリーズの第4弾となる今回は、「徴兵制」を取り上げたいと思います。 これまで書いていて、専門レベル「低」のテーマがなかなか出てこないのが心苦しくもあります。できるだけ分かり易く書こうともしているので、「専門レベル分け」って、あまり意味ない…

詳細を見る

シリーズ 平和安全法制③ 「ホルムズ海峡には行けるか?」(専門レベル:中)

2015.06.18

 自衛隊は、ホルムズ海峡に、機雷掃海に行けるのか。これがよく議論になっています。  昨日の党首討論を聞いていても、岡田・民主党代表が一番に持ち出したのが、この議論でした。なぜ、ここまで議論になるんでしょうか。新しい法律のもと、自衛隊はホルム…

詳細を見る

シリーズ 平和安全法制② 「合憲か違憲か?」(専門レベル:中)

2015.06.17

 憲法審査会において、参考人として来て頂いた憲法学者3人が3人とも、「今回の法案は違憲だ!」との意見を表明されました。野党が呼んだ二人が「違憲」を表明するならまだしも、与党(といっても自民党ですが)が呼んだ先生まで「違憲」と判断したと、大き…

詳細を見る

シリーズ 平和安全法制① 「砂川事件」(専門レベル:高)

2015.06.16

昨日の某ニュース番組で、「砂川事件」について、取り上げておりました。「砂川事件」の最高裁判決を、「集団的自衛権」の根拠にするのは、おかしい!との批判です。しかし、はっきりと申し上げますが、「砂川事件判決」は、「集団的自衛権」の根拠だとは、一…

詳細を見る

シリーズ 『平和安全法制』 掲載スタート

2015.06.16

昨年の7月1日、安保法制についての「閣議決定」により、現在審議されている安保法制の骨格が示されました。現在、「平和安全法制特別委員会」において、連日審議がなされています。昨年の閣議決定、そして現在の安保法制の審議にいたるまで、その党内論議の…

詳細を見る

大阪都構想

2015.05.11

公明党は、「大阪都構想」に反対しています。大阪が、今のまま変わらず、じわじわと衰退していくことを待つような、そんな姿勢はあってはなりません。大阪がいまいちど元気を取り戻すためには、いろんな課題があるはずです。その課題一つ一つに、具体的な、か…

詳細を見る

被災地の子ども達に夢と希望を(公明新聞2015年3月8日付)

2015.03.08